スポンサーサイト

  • 2011.05.09 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


シンプル

最近流行のミニマルテクノ。

シンプルな音の連続が半永久的に続く宇宙のさざ波の様に
メンタルを解放して浮遊感と多幸感に飲みこまれる感覚は
いちどハマったら抜け出せないと思います。
ハマるといえば、最近私がハマってるのがクレジット現金化ですね。使い方はとってもシンプル。

ショッピング枠を換金出来るシステムで消費者金融と違い、支払先はカード会社になるので安心して利用できますね。

<日本記者クラブ賞>梅津時比古記者に賞状(毎日新聞)

 社団法人日本記者クラブ(斎藤史郎理事長)の総会が28日、東京都内で開かれ、今年度の日本記者クラブ賞に選ばれた梅津時比古記者(61)に、賞状とプラチナ製メダルが贈られた。

 梅津記者はクラシック音楽担当。今回は、音楽の新しい聴き方を長年にわたりさまざまな形で読者に提示し、新聞の音楽評論の分野で斬新な世界を確立したことが高く評価された。音楽担当記者の同賞受賞は初。

 この日の贈賞式などで梅津記者は、「クラシック音楽の聴き方の多様性が認められてうれしい」と語った。

 ◇7月9日に梅津記者の受賞記念講演会

 梅津記者の受賞記念講演会が7月9日午後6時、東京都千代田区内幸町の日本記者クラブ10階ホールで開かれる。テーマは「音楽の新しい聴き方」。無料、200人(申し込み先着順)。希望者は住所、名前、年齢、参加人数、連絡先電話番号を記入し、往復はがきで〒100−0011東京都千代田区内幸町2の2の1、日本プレスセンター内日本記者クラブ事務局「クラブ賞受賞記念講演会」係へ。返信用はがきにあて先を記入すること。電子メールの場合はkinenkoen@jnpc.or.jpへ。

【関連ニュース】
日中韓首脳会談:3カ国の若手演奏家が三重奏披露へ
生きる:心癒やす弦の音色 川畠さん演奏会
目白シンラート:夕闇に浮かぶ特設舞台で芸術を堪能
ベルリンフィル:指揮者の佐渡裕さん客演へ
ひと:大江馨さん 日中韓首脳会談でバイオリン演奏を披露

<刑務官暴行>革手錠の違法性認め国に賠償命令…名古屋地裁(毎日新聞)
<口蹄疫>特別措置法が成立 国の損失補償、より手厚く(毎日新聞)
少数職員で林道点検4万キロ=受注機会、民間にも―公益法人仕分け(時事通信)
北情勢に「強い危機感を」=本部長会議で警察庁長官(時事通信)
<岡本倶楽部>出資者の弁護人、破産手続きの開始を申し立て(毎日新聞)

NCの役員報酬規程などを了承(医療介護CBニュース)

 厚生労働省の独立行政法人評価委員会高度専門医療研究部会(部会長=永井良三・東大大学院医学系研究科教授)は5月19日、国立がん研究センターなど6つの「国立高度専門医療研究センター」(NC)の役員報酬規程や役員退職手当規程などを了承した。

 役員報酬規程によると、報酬は年俸と手当で、年俸は月例年俸と業績年俸で構成される。業績年俸は年度単位で決定。前年度の業績年俸の額に、同委員会が実施する業績評価を踏まえ、評価結果に応じた割合を乗じて算出する。
 事務局が示した資料によると、今年度の報酬額は国立がん研究センターの理事長が2036万円、院長、研究所長である理事が1761万円、院長、研究所長以外の理事が1609万円。非常勤理事・監事については日額6万円としている。

 役員退職手当規程によると、退職手当の額は、在職期間1月につき、月例給に100分の12.5の割合を乗じて得た額に、同委員会が役員の業績に応じて決定する0.0-2.0の範囲内の業績勘案率(基礎査定率1.0)を乗じて得た額とする。退職時に在職期間に応じて支給する。

 規程について夏目誠委員(株式会社JR東日本リテールネット代表取締役社長)は、「法令でがちがちに定められているので、この原案でいかざるを得ないのではないか。業績評価できちんとパフォーマンスを評価して、それを反映させていきたいと思う」と述べた。また、猿田享男委員(慶大名誉教授)も「これからの評価を見て、業績を上げたらそれに対しては十分考慮すべき」との考えを示した。
 今後、規程の内容に修正があった場合の取り扱いは、部会長に一任することになった。

 この日はまた、部会での議論を経た後に関係省庁などとの調整で決定した、各センターの中期目標や中期計画の報告が了承されたほか、各センターの理事長が中期計画での重点事項や今後の運営方針などを説明した。
 理事長の説明を受け、永井部会長は最後に、「最終的に何を目標にするかは、倫理に裏付けられて、高いレベルで、安全で安心な思いやりのある医療だと思う。それにどのように貢献しているかを分かる形で、いろいろな指標を工夫して出していただきたい」と述べた。


【関連記事】
「自立、自律、自浄」を−国立がん研究センター・嘉山新理事長
NC独法化後の業務方法書案や償還計画案などを了承
NCの借入金債務、独法化後に3割を承継
ナショナルセンター独法化で中期目標などを議論
国立高度専門医療センター改革案を提示―独立行政法人ガバナンス検討チーム

<平針里山開発>許可取り消し請求却下 住民側、提訴へ(毎日新聞)
四條畷の女性遺棄事件で身元確認(産経新聞)
漁船転覆、母親の遺体発見=大分(時事通信)
民家全焼67歳?死亡 兵庫・姫路(産経新聞)
電波法違反容疑、男を逮捕=海保周波数で無線流す―大阪府警など(時事通信)

<始祖鳥>飛べなかった…翼で体重支えきれず 英チーム結論(毎日新聞)

 鳥類の祖先である始祖鳥は、羽ばたいて飛べなかったとする論文を、英国などの研究チームが14日付の米科学誌サイエンスに発表した。始祖鳥の推定体重と、化石に残された羽根の軸の太さなどから、始祖鳥の翼では体重を支えきれず、木の枝から地面へ滑空するしかできなかったと結論付けている。

 研究チームは、ジュラ紀後期(約1億4000万年前)の始祖鳥と、始祖鳥の次に原始的な鳥類である孔子鳥(こうしちょう)(約1億年前)の化石を分析し、現在の鳥類と比較した。始祖鳥などの風切り羽根の長さは変わらなかったが、長さに対する羽根の軸が非常に細かった。

 それぞれの翼がどの程度の荷重に耐えるかを調べたところ、現在の鳥類は体重の6〜13倍に耐え、羽ばたく激しい動きに対応できる強度があったが、始祖鳥(推定体重276グラム)は体重の0.55倍、孔子鳥(同500グラム)は0.39倍しか支えられないことが分かった。

 真鍋真・国立科学博物館研究主幹は「始祖鳥などは大胸筋が十分発達していないため、羽ばたき能力は低いとみられていた。羽根の軸に注目して分析した手法は画期的だ」と話す。【永山悦子】

【関連ニュース】
<科学の発見>ネアンデルタール人:ヒトと混血の可能性 ゲノムを解析
<科学の発見>化石:アナジャコ属の新種発見 アジア最古 北九州で
<科学の発見>雑記帳:高崎のクジラ化石が新種と判明 群馬
<科学の発見>恐竜:豪で新種のティラノサウルス類化石 南半球で初
<科学の発見>雑記帳:新種?肉食恐竜の全身骨格を復元

エフセキュアが新しいライセンス形態の 「エフセキュア ビジネス スイート」を発売開始
橋下府知事「維新の会の候補は選挙費用を負担してもらう」(産経新聞)
<岡田以蔵>刑死後145年、初の命日祭 高知・真宗寺山(毎日新聞)
<普天間>協議継続で一致 日米外務・防衛の審議官級協議(毎日新聞)
大阪・中国道7台衝突、死亡は長崎の48歳運転手(産経新聞)

10年以上、毎月十数万円…同級生から恐喝(読売新聞)

 埼玉県警吉川署は30日、吉川市吉川団地、無職酒井哲也容疑者(33)を恐喝容疑で逮捕した。

 発表によると、酒井容疑者は4月1日午後6時頃、同市内のコンビニ店の駐車場で、同市の運転手の男性(33)から現金13万5000円を脅し取った疑い。調べに対し、容疑を認めているという。

 同署幹部によると、2人は中学、高校の同級生で、成人式で再会。酒井容疑者は1998年夏頃から「金を貸せ」「金を持ってこい」などと、継続的に現金を脅し取っていたとみられる。

 男性は「毎月十数万円を渡していた。『返してくれ』と言ったこともあるが、暴力を振るわれ、言いなりになってしまった」と話しているという。

<広島市長>2020年までの核廃絶、米で協力呼び掛け(毎日新聞)
青空泳ぐ、こいのぼり1000匹 大阪・高槻(産経新聞)
首相、国の責任認め謝罪…水俣病慰霊式(読売新聞)
合併症リスク高める高血圧症 ある日、突然…「沈黙の殺人者」(産経新聞)
<東京都>職員の25%新聞購読せず 活字離れで対策チーム(毎日新聞)

なぜ長引くのか アイスランド噴火の影響(産経新聞)

 【ロンドン=木村正人】なぜ、アイスランドの火山噴火による空の混乱が長引いているのか。

 今回、噴火したエイヤフィヤトラヨークトル火山は氷河に覆われている。地下から上昇してきたマグマが氷河を溶かして内部に水蒸気が充満し、強力な爆発を起こしやすい構造になっており、より大量の火山灰を吹き上げた。

 しかも、同火山はマグマのケイ素成分が多いのが特徴で、噴火で粉々に砕け散った火山灰の粒子が0・1ミリ未満とかなり小さくなる。このため、より上空高く漂い、広範囲に拡散しやすい条件が整っていた。

 欧州上空は平日、1日約2万8千便が飛び交う航空過密地域であることも混乱の規模を大きくしている。

 エイヤフィヤトラヨークトル火山は前回1821年に噴火した際は、2年間活動を続けた。今回の噴火も活動停止の兆候はまだない。

【関連記事】
アイスランド火山噴火 政治、スポーツ、芸能活動にも影響
空港の閉鎖延長相次ぐ ポーランド国葬は欠席続出
在外公館が宿泊あっせん 仏、自国民支援で
空港閉鎖、東欧に拡大 数千人が渡航先で立ち往生
アイスランド火山噴火 航空網乱れ 欧州経済に深刻な影
外国人地方参政権問題に一石

元キャスター真山勇一氏、みんなの党比例公認(読売新聞)
「g.u.」にスポーツラインが誕生!1000円以下でコーディネート可能
満開のサクラと季節はずれの雪が競演 福島(産経新聞)
高校無償化法案が衆院通過=子ども手当法案も
データ改竄で解雇、元筑波大学院教授の請求を棄却 水戸地裁支部判決(産経新聞)

1Q84 「BOOK3」16日に発売 フィーバー再燃か(毎日新聞)

 村上春樹さんの長編小説「1Q84」の「BOOK3」(新潮社)が16日、全国一斉に発売される。昨年5月に同時刊行された「BOOK1」「BOOK2」はこれまでに計244万部の大ヒット。今回もベストセラーになるのは確実で、午前0時から発売する書店も。約1年ぶりに「1Q84」フィーバーが再燃しそうだ。

 「1」「2」の初版はそれぞれ20万部、15万部。注文が殺到し、本が並ばない書店が続出した。このため、新潮社は「3」の初版部数を50万部とした。

 しかし、インターネット書店のアマゾンへの事前予約が8日までに約2万5000部に達するなど、50万部でも足りそうにない状況に。そこで、同社は早くも20万部の増刷を決めた。

 新刊本は通常、地域によって店頭に並ぶ時期がずれる。だが、今回は「全国平等にする」(同社広報宣伝部)。内容はもちろん、表紙のデザインさえ社内の担当者しか知らないほど、「秘密主義」を徹底。それが読者の関心を一層高める結果になっている。

 東京都内の青山ブックセンター六本木店やTSUTAYA渋谷店などは午前0時から発売。三省堂書店神保町本店や丸善丸の内本店は、特設ブースを設けて午前7時から売り出す。

 出版ニュース社の清田義昭社長は「出版不況の時期には、書店も確実に売れる『売れ筋』に殺到する。読者の期待感も高まり、『ハングリー・マーケット』が形成されている。現在の出版界にはうれしいニュース。ミリオンセラーは確実でしょう」と話している。【佐々本浩材、棚部秀行】

【関連ニュース】
<フィーバーのきざし>BOOK3、すでに10万部増刷決まる
村上春樹氏インタビュー 僕にとっての<世界文学>そして<世界>(08年5月12日)
「1Q84 Book1、2」の書評を読む…今週の本棚:沼野充義・評
<サンデー毎日>『1Q84』バカ売れ 読まずに済ます村上春樹(2009年6月)

<空自談合>国交省が指名停止処分(毎日新聞)
【ゆうゆうLife】施設ヘルパーの「たん吸引」容認(産経新聞)
同一略称、止める手だてなし=新党たちあがれ「日本」使用で−原口総務相(時事通信)
初代ミニ新幹線 400系「つばさ」ラストラン 歴史に幕(毎日新聞)
「東国原、橋下氏とは政策連携」舛添氏、新党を否定 午後会談へ (産経新聞)

アイスランド噴火で成田発着22便が欠航(産経新聞)

 アイスランドで火山が噴火し火山灰が欧州北部の上空を覆っている影響で、成田空港でもヨーロッパ発着便計22便が欠航するなどの影響が出ている。

 全日空では、成田発パリ、フランクフルト、ロンドン行きとその折り返し便の計6便の欠航を決め、1600人に影響が出ている。また、日本航空では、これらの路線とその折り返し便6便に加え、成田発アムステルダム行きとその折り返し便、成田発ミラノ行きの計9便の欠航を決め、2300人に影響が出ている。

 国土交通省成田空港事務所によると、海外の航空会社の成田発着便でも、KLMオランダ航空など4社がアムステルダム発成田行きやその折り返し便など計7便の欠航を決めた。

【関連記事】
火山噴火で欧州の空が大混乱 各国で空港閉鎖相次ぐ
地熱発電を世界展開へ 三菱重工とアイスランド電力最大手が連携
アイスランドで火山噴火 450人避難
反対票93・2%で確定 アイスランド 英蘭預金保護の国民投票
欧州株反発 企業業績回復期待から
外国人地方参政権問題に一石

あいりちゃん事件、広島高裁が鑑定請求却下(読売新聞)
村本さん死亡「大変遺憾」=タイ騒乱、沈静化に努力を−鳩山首相(時事通信)
水戸の川端康成展に岡本かの子の未公開書簡 整理ごとに発見 文豪の親交に光(産経新聞)
ポーランド大統領死亡で弔電=鳩山首相(時事通信)
池袋・立教大生殺害に公的懸賞金を適用 警察庁(産経新聞)

視覚障害者に2人乗り自転車を、平城宮跡サイクルフェス(産経新聞)

 視覚障害者が自転車の楽しさを感じることのできる2人乗り用自転車「タンデム」の普及を目指す動きが広がりつつある。11日には、平城遷都1300年祭のメーン会場となる奈良市の平城宮跡でもタンデムを紹介する企画が予定されており、関係者は「タンデムを大勢の人たちに周知したい」と意気込んでいる。

 タンデムはサドルやペダルを複数装備した自転車。後ろに乗る人はハンドルを操作する必要がなく、視覚障害者も乗ることができる。ただ、運転が難しく公道での走行は、奈良を含めほとんどの都道府県で認められていない。

 そのなか兵庫県では、タンデムの普及活動が熱心なこともあり、平成20年7月、県の道交法施行細則が改正され、タンデムの公道での走行が認められた。

 兵庫県障害者タンデムサイクリング協会は県内外で活動を展開。昨年、大阪府で開かれた「水都大阪2009」では21台のタンデムを貸し出したのに続き、11日に平城宮跡会場で行われる「奈良サイクルフェスティバル」にも参加することとなった。

 フェスティバルではタンデムに乗る催しが企画されているため、奈良県サイクリング協会のメンバーが事前に、兵庫県尼崎市の武庫川河川敷で開かれた講習会に参加した。初めて体験した京都府南山城村のマッサージ師、新山太美子(たみこ)さん(61)は「女性ラグビー選手やサッカー少年のかけ声、鳥の鳴き声、電車の音が次々に聞こえてきて楽しかった」。

 奈良県内でタンデムのイベントは初開催。同県サイクリング協会の近藤一郎理事長は「タンデムの認知度は低いが、実績を重ね、奈良でも公道での走行を可能にしたい」と話している。

【関連記事】
初の点字訴状、受け取りへ 全盲女性に名古屋地裁伝える
「分かりやすさ」追求 地デジ控えテレビ開発加速
盲導犬の「育て親」足りない! 育成団体が協力呼び掛け
「視覚障害者への理解深めよう」 大丸京都店で体験コーナー
国内初、視聴覚障害者の大学院設置 筑波技術大
「中国内陸部の資源事情とは…?」

日本医師会あての鉢植え発火 職員のライター、フィルム引火か(産経新聞)
「大きな一歩、きちんと審理を」=決定に笑顔−面会人らに奥西死刑囚・名古屋拘置所(時事通信)
中国で死刑判決 首相が「残念」 懸念表明なし(産経新聞)
小児臓器移植に向け省令・GL作成へ―臓器移植委員会(医療介護CBニュース)
山崎直子宇宙飛行士 コンテナ移設で若田さん「仕事満点」(毎日新聞)

<大宅壮一賞>上原善広さんと川口有美子さんに(毎日新聞)

 第41回大宅壮一ノンフィクション賞(日本文学振興会主催)の選考会が5日開かれ、上原善広さん(36)の「日本の路地を旅する」(文芸春秋)と、川口有美子さん(47)の「逝かない身体」(医学書院)に決まった。贈呈式は6月18日、東京・内幸町の帝国ホテルで開かれる。

園田氏、新党結成へ決意(時事通信)
郵貯「肥大化しない」=預入限度額引き上げ−鳩山首相(時事通信)
二重投票、「想像もせず」=鳩山首相(時事通信)
<児童虐待>施設の保育士や指導員 大阪 (毎日新聞)
積極的な外国人受け入れを 法務省が出入国管理計画(産経新聞)

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
リンク
競馬情報
探偵
クレジットカード現金化 即日
カードでお金
クレジットカードのショッピング枠を現金化
クレジットカード現金化 比較
ブラック キャッシング OK
ネットビジネス
selected entries
archives
recent comment
  • シンプル
    カナ (08/27)
  • <日本記者クラブ賞>梅津時比古記者に賞状(毎日新聞)
    ユダ (02/23)
  • <日本記者クラブ賞>梅津時比古記者に賞状(毎日新聞)
    リンデル (01/16)
  • <日本記者クラブ賞>梅津時比古記者に賞状(毎日新聞)
    桃医 (01/10)
  • <日本記者クラブ賞>梅津時比古記者に賞状(毎日新聞)
    リョータ (12/24)
  • <日本記者クラブ賞>梅津時比古記者に賞状(毎日新聞)
    晶太郎 (12/19)
  • <日本記者クラブ賞>梅津時比古記者に賞状(毎日新聞)
    モグモグ (12/16)
  • <日本記者クラブ賞>梅津時比古記者に賞状(毎日新聞)
    ばきゅら (12/07)
  • <日本記者クラブ賞>梅津時比古記者に賞状(毎日新聞)
    ポロネーゼ (12/03)
  • <日本記者クラブ賞>梅津時比古記者に賞状(毎日新聞)
    さもはん (11/25)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM