<< <戦国武将マップ>伊達政宗や前田慶次郎ゆかりの城や温泉紹介 福島商議所青年部が作製(毎日新聞) | main | <強制退去>違法とクルド人兄妹が名古屋入国管理局を提訴(毎日新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2011.05.09 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<放送法改正案>免許付与、現行を維持 設備と制作一体で(毎日新聞)

 今国会に提出が予定されている通信と放送の融合を促す「放送法等改正案」について、政府は、地上波のテレビ、ラジオ各社が希望する場合、電波を送信する設備(ハード)と番組制作(ソフト)に一体的な形で放送免許を付与する現行の申請手続きを認める方針を決めた。自民党政権時代の昨年8月、総務省の検討委員会がハードとソフトを分離して付与するよう答申し、放送界などから「行政が番組に直接介入しやすくなる」との批判が相次いだ。新政権は業界側の懸念に配慮し現行制度の存続を決めた。

 ハードとソフトを一体として無線局の免許(5年間)を与える現行の電波法では、国は免許を受ける放送事業者に関して、電波施設(ハード)の運用能力はチェックするが、番組内容は対象外。放送の自由に最大限配慮する形になっている。

 デジタル化で通信と放送の垣根が低くなることを受け、総務省の検討委員会は昨年、新規参入や番組の自由な流通を促すため、ハードの「免許」とソフトの「認定」を別々とする行政手続きの導入を求める答申をした。この分離手続きについて、放送界や識者は「放送業務への国の関与を強めかねない」との懸念を表明してきた。

 今回の放送法等改正案では、「通信と放送の融合を促すのには有効」として、答申通り二つの手続きに分離する制度自体は導入される。しかし、民主、社民の与党も国の関与の拡大を懸念していることから、政府は、ハード・ソフト一体での手続きを希望する地上波のテレビやラジオの放送事業者に対しては、現行と同じ手続きを認めることにした。【臺宏士】

容体急変患者からインスリン=故意に投与の可能性も−京大病院(時事通信)
西成で連続不審火(産経新聞)
沖縄に広大な土地購入 小沢幹事長の目的は謎(J-CASTニュース)
<編集長インタビュー>激動の経済とともに歩んで10周年 「ダイヤモンド ZAi」 尾川賢志さん(毎日新聞)
<雑記帳>韓流スターが一日青森知事(毎日新聞)

スポンサーサイト

  • 2011.05.09 Monday
  • -
  • 16:35
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
リンク
競馬情報
探偵
クレジットカード現金化 即日
カードでお金
クレジットカードのショッピング枠を現金化
クレジットカード現金化 比較
ブラック キャッシング OK
ネットビジネス
selected entries
archives
recent comment
  • シンプル
    カナ (08/27)
  • <日本記者クラブ賞>梅津時比古記者に賞状(毎日新聞)
    ユダ (02/23)
  • <日本記者クラブ賞>梅津時比古記者に賞状(毎日新聞)
    リンデル (01/16)
  • <日本記者クラブ賞>梅津時比古記者に賞状(毎日新聞)
    桃医 (01/10)
  • <日本記者クラブ賞>梅津時比古記者に賞状(毎日新聞)
    リョータ (12/24)
  • <日本記者クラブ賞>梅津時比古記者に賞状(毎日新聞)
    晶太郎 (12/19)
  • <日本記者クラブ賞>梅津時比古記者に賞状(毎日新聞)
    モグモグ (12/16)
  • <日本記者クラブ賞>梅津時比古記者に賞状(毎日新聞)
    ばきゅら (12/07)
  • <日本記者クラブ賞>梅津時比古記者に賞状(毎日新聞)
    ポロネーゼ (12/03)
  • <日本記者クラブ賞>梅津時比古記者に賞状(毎日新聞)
    さもはん (11/25)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM